不動産登記のご相談

不動産登記のご相談を初回は無料で行っています。(1時間程度・要予約)

お電話、またはメールでご予約ください。

 

ご予約方法はこちらから

 

住宅ローンの完済・借換

自宅の土地建物には、住宅ローンの担保として「抵当権の登記」がされています。

住宅ローンを完済したり、借換えを行うと、抵当権の内容が変わるため、それに伴った登記が必要となります。


金融機関に司法書士を紹介してもらうこともできますが、自分で探した司法書士に見積りを取ってもらい、依頼することもできます。

 

住宅ローンに関する登記

完済のとき・・・抵当権の抹消登記
借換のとき・・・新借入分の抵当権設定登記+旧借入分の抵当権抹消登記

 

土地建物の購入や新築

土地建物を購入したり、新築した場合には、その権利関係を正確に登記する必要があります。住宅ローンを利用した場合には、同じ手続の中で抵当権登記がされることになります。

 

不動産の贈与

不動産を贈与した場合には、きちんと登記をしておく必要があります。最近は、居住用不動産贈与の配偶者控除や相続時精算課税制度を利用して、親族間で不動産を贈与するケースが増えているようです。

 

離婚に伴う財産分与

離婚の際、財産関係清算のために不動産の名義を変える場合には、財産分与の登記を行います。

住宅ローンが残っている場合には、今後のローンの支払方法についての問題も残ります。借入先や司法書士とよく相談して、手続を進める必要があります。

 

主な対応地域

仙台市近郊、多賀城市、塩釜市を中心に、宮城県内対応します。

※その他の地域につきましてはお問い合わせください。

ページ上部へ