債務整理・過払い金請求のご相談

債務整理や過払い金請求のご相談を初回は無料で行っています。

(1時間程度・要予約)

お電話、またはメールでご予約ください。

 

ご予約方法はこちらから

 

はじめに・・・

債務整理や過払い金請求手続は、デリケートな問題です。

特に、「家族に内緒で進められる?」「ブラックリストに載る?」等は、多くの方にとって気になる問題だと思います。それぞれの手続にはメリット・デメリットもあります。

ご本人の希望や状況に合わせて、最適な解決方法を提案いたしますので、まずは一度、ご相談いただきたいと思います。

 

過払い金返還請求

利息制限法を超過した利率で長期間取引をしている場合、または完済したという場合には、過払い金(=払い過ぎた利息)が発生している場合があります。過払い金は本来支払わなくてよかったお金ですので、貸金業者に対して返還請求ができます。

過払い金は、時効期間(原則として10年間)が経過すると請求できなくなるため、注意が必要です。

 

任意整理

任意整理とは、業者との話合いによって、残債務の返済方法を組み直すことです。これまで通りの借金の返済が難しくなってしまった、という場合には、まず任意整理手続をご検討ください。

任意整理を行うことで、借金の減額や今後の利息減額が期待できます。ただし、和解後の債務を返済できるだけの、安定した収入が必要です。

 

個人再生

個人再生とは、裁判所を通した債務整理方法で、「住宅ローン特別条項」を利用すると、住宅ローンの支払いはそのまま継続しながら、今ある他の債務を5分の1(ただし最低100万円)まで減らすことができます。

このため、自宅を残しながら他の債務を減額したい、という方にお勧めの手続です。

なお、住宅ローン+個人再生後の弁済金を支払っていけるだけの収入が必要です。

 

自己破産

自己破産とは、裁判所を通した債務整理方法で、今ある債務が免除され0になる手続です。借金が多額になった場合、収入が大きく減ってしまった場合に、再スタートを切るために有効な手続です。

破産すると財産をすべて持って行かれる、というイメージがありますが、生活に必要な家財や一定の財産は、手元に残すことができます。その他財産的な価値があるものは、換価され債権者に配当されることになります。

 

なお、借入の理由や債務の種類によっては免除されないものもあります。また破産手続中には、一部の資格・職業制限がありますので、注意が必要です。

 

主な対応地域

仙台市近郊、多賀城市、塩釜市を中心に、宮城県内対応します。

※その他の地域につきましてはお問い合わせください。

ページ上部へ